欲しいものがあれば、買うことができる。
大方のものが安く簡単に手に入るこの時代に、それだけでは何かが足りないと感じる。
そのような、かそけき心の響きに誠実であろうとする人は、
自分でものを創り始める。
作家がつくるものにはごまかしがない。
本当に良いと思うものだけをつくる。
だからこそ、彼らの作ったものを大事に使っていると、
ずっと永く忘れていた気持ちを想い起こすような、
​やわらかく心の置き場所をただすような、
​そんな気になるのだ。

Craft